日記

2015年8月16日 (日)

デュポンエデュポンのCDが出来ました!

僕とギターの溝淵仁啓のユニット
デュポンエデュポンの初のCDがやっと出来ました,

1年かかりましたが、パリと日本で録りました。

溝淵さんのギターと僕の歌だけの
とてもシンプルなCDです。

溝淵さんのギターだけのソロもありますので
しみじみと聴いていただけます。

きっと夜中に一人で聴いて頂ければ
なんとなくそれぞれのその時のお気持ちに
沿って一緒に時の流れに漂って
行くように思えます。

収録曲です。
⑴ プレリュード (ギターソロ)
⑵ 朝と夜 (フランソワ・ロゼとのduo)
⑶ サンチマン (フランソワ・ロゼとのduo)
⑷ 聞かせてください愛の言葉を
⑸ 風の囁き
⑹ ラグリマ(ギターソロ)
⑺ さくらんぼの実る頃
⑻ ユカリ
⑼ サンジヤンの恋人
(10) 秋
(11) 時の流れに
(12) 聖母と御子(ギターソロ)

お問い合わせ、ご購入
wasaparisjap@gmail.com
090 5131 8888




| | コメント (1)

2015年8月 8日 (土)

九州に行きます

今年も九州ツアーが実現した。
8月20日熊本酔ing 096 356 2052、21日宮崎ニューレトロクラブ 0985 22 1588、22日大分ブリックブロック097 536 4852、23日博多ハビット(旧キャフェガレリア)092 751 2189
と行きます。
僕は九州の都市が大好きで今年も歌いに行ける
事が嬉しいです。
ただ博多を除いて知り合いは少なくて
お客さんが来てくださるのか
甚だ心配です。
どうぞご都合の良い方はお友達を誘って
お越しくださいますように。
今年も僕の好きなジヤスメン、ピアノ 中島徹、
トロンボーン トミー、ベース 中島かつきと一緒です。
ジャズ色の中でフランス語と日本語がの
音楽を楽しんでいただけたらと楽しみにして
準備しています。

九州から帰ると京都高島屋のキーヤンコレクション
が始まります。
僕も期間中2.3回歌いに行きます。

その後少しパリに帰って、
28日は恒例のリーガロイヤルホテル京都
のデイナーシヨー、24回目です。
今年もキーヤンとのコラボの楽しくユニークな
ステージをお楽しみ頂けると思っています。

まだまだ暑い夏ですが、どうぞ皆様、
お元気でお過ごしください。そして
何処かでお目にかかれますようにと
楽しみにしています。




| | コメント (0)

2015年2月 7日 (土)

琳派400年記念に歌います

新しい年ももう2月になりました。
今年の京都の元旦は60年ぶりに大雪に
見舞われ雪の中の年明けでした。

今年は本阿弥光悦が京都の洛北鷹ヶ峰に
芸術村を拓いて400年になります。

光悦と俵屋宗達、後の尾形光琳などが作った作風を
後に琳派と呼ぶようになりました。

今年はその400年の記念年として京都では
多くの催しが計画されています。

この琳派年祭に僕も京都府民ホールALTIで
歌うことになりました。

琳派の十分の一の年月ですが、僕がフランスに
初めて住んでから40年が経ちました。

明治時代のパリ万博で、クリムトを始めゴッホ、モネなど多くのヨーロッパの芸術家たちが琳派の影響を受けたパリに僕も住んだこと、豊臣秀吉が1587年10月1日に千利休らを招いて初めて大茶会を開いた北野天満宮の氏子として上七軒に生まれ育ったことを思い合わせると何か縁のようなものを感じます。

今回のコンサートでは現代の琳派とよばれる絵師キーヤンこと木村英輝とのコラボレーションで僕の体に住むフランスと日本を歌いたいと思っています。

当日は東京大学名誉教授であり、パリにもお住まいになっておられた、日本文学研究者、比較文学者の芳賀徹さんの話を交えて、文禄、慶長の頃流行し、光悦や宗達も唄っただろうと思われる隆達小唄の中から2首程選んだものにギターの溝淵仁啓が曲をつけて400年の月日を隔てて蘇る歌を歌うことにもなっている。

400年経った京都もやはりアバンギャルドな文化が
生まれ育った育っているということの一因子になれれば嬉しいですが。


| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

デュポンエデュポン東京へ

九州を廻り金沢、名古屋で歌ってそのあと札幌、三沢、仙台で今年の冬のツアーは終わった。

ピアノの中島徹、トロンボーンのトミー、エレキベースは中島かつき、素晴らしいミュージシャンと一緒に、それぞれの土地で思い出が、素晴らしい出会いがあり楽しいツアーだった。

何よりも毎日初日の気分で緊張感と驚きと楽しさの入り混じったステージが続けられるのはジャズマンの彼らと一緒に演奏出来るお陰である。

今回の旅での一番の思い出は札幌を拠点に歌っておられるジャズシンガーの黒岩静枝、スージーさんに会え、彼女のお店デイバイデイでライブが実現して、
その上に目の前でスージーさんの歌が聴けたこと。

昨年始めてCDを聴き、大阪で聴いたライブの感動が
蘇ると共に、スージーさんの偉大で暖かいお人柄に触れられた、感謝と感動の思い出の札幌ライブだった。

次回来年のライブを待ちながら、今年の歌い納めは
僕のもう一つのユニット、ギターの溝淵仁啓とのデュポンエデュポンが東京でクリスマスライブを行うことになっている。

この溝淵さんのギターもまた繊細かつ体にゆっくりと忍び入り魂をすっぽりとビロードで包むような
音魂で僕の歌はジャズマンと一緒の時とは違ったテイストを帯びて空中に踊り出す。

東京、銀座(僕は全国各地に銀座という地名の商店街やアーケードがあることを日本あちこち旅を始めて知った。鹿児島にも銀座はあった)
のアートギャラリー悠玄でギターと歌のアコースチックライブをこのクリスマスに行う。

12月25.26日の2日間、3回公演で、
それぞれ2部構成になっていて、1部も毎回基本的にはレバートリーが変わり、2部はお客さんのリクエストで構成することにしている。

1部の始まる前に僕たちの持っているレパートリーか
書かれた紙をお客さんに渡し一部と二部の間の休憩時間にその中から選んで頂いた曲の上位あるいは下位10曲を歌い演奏するというちよっとリスキーな試みをする。

どんな曲がリクエストされるかわからないので
一応どれが来ても歌えるようにおよそ60曲を頭に入れておかなければならないので、こらから当日まではかなり頑張ってリハをしなければならない。

ちょっと刺激的な年末になりそうです。

アコースチックの環境を保つために1回3〜40人
限定になっている。

もうほぼ満席ですが
まだ少し椅子は並べられるようです。

クリスマスの夜、お一人で東京におられて
お時間のある方は是非お越しくださいませ。

12月25日17時30分開場、18時開演
12月26日①13時半開場、14時開演
②16時半開場、17時開演
会場 ギャラリー悠玄 東京都中央区銀座6-3-17
悠玄ビル 03-3572-2526

料金 4500円(3回通し券12000円)
お問い合わせ、ご予約、
080-6136-4233 (ワサボートン)
メール wasawapajap@yahoo.co.jp


寒波到来です。
お風邪などお召しになりませぬように。








| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

リーガロイヤルホテル京都でのディナーショー

今年もリーガロイヤルホテル京都での
ディナーショーの日が近づいてきた。

9月25日です!

リーガロイヤルホテル京都の開業45周年
記念の特別イベントとして開催される
この恒例のディナーショー、ワサブローの世界も
今年で23年目を迎える。

今年は僕の大好きな、いま日本中が
注目している絵師、キーやんこと
木村英輝さんとのコラボレーションが
実現した。

当日はステージにキーやんのジャガーが
六曲一双の屏風から飛び出して来るだろう。

僕は其の前で餌食にならずに
一緒に舞上がらなければならない。

舞台変わって絵も変わる。
サープライズである。

きっと異空間を楽しんで頂けるに
違いない。
来てくださった方だけに楽しんで頂ける
仕掛けがある。

演奏は中島徹 ピアノ、トミー トロンボーン、中島かつき ベース、溝淵人啓 ギター

まだお料理には少しだけ
余裕があるらしい。

是非お越しくださり、
多いに召し上がって、歌も楽しんで
お帰りになって頂きたい。

では9月25日に
リーガロイヤルホテル京都で。

| | コメント (0)

2014年8月17日 (日)

久しぶりのDupont et Dupont

久し振りに京都で溝淵仁啓とのデュオ、
デュポンエデュポンのライブをします。

二人のデュポンは今年パリで
レコーディングをしました。
そのCDの発売は年末になりそうですが、
それを待ちながらすこし
ライブ活動をします。

春には長浜、伊吹、
夏には東京にも行きました。
故郷の京都では、
8月31日(日)北大路の
アーズローカスでと決まりました。

そうです、もう2週間後です。
もうその日は先約があるなんて言わんと、
なんとか万障繰り合わせて、
どうぞお越しくださいます様に!

場所 : アーズローカス 左京区下鴨東本町
7番地
日時 : 8月31日
2時開場、2時半スタート
料金 : 4000円

ご予約:080 6136 4233 または
wasawasajap@yahoo.co.jp



| | コメント (1)

2014年1月26日 (日)

東京でのコンサート終わりました

1月18日、8年ぶりになる、
東京銀座ブロッサムホールでのコンサートが
無事終わった。
沢山お越しいただいた皆様
誠に有難うございます。

8年振り、いやもっとブランクの
あった方も大勢おられたようだ。

そういう方々には僕が、僕の歌たちが
どのように映り、見えたのだろうか?

僕は何時ものように歌い、何時ものように
ステージにいた。
でも見る人、聴く人の心のありようで
歌も違う色を纏いその方の心の襞を
くぐり抜けていく。

あの日の歌たちはどんな色でどのように
例えば貴方の心の中を通り抜けたのでしょうか?
あるいは通り抜けずに今でも心の襞にそっと寄り添っているのでしょうか?

今年は夏前に青森から博多までのライブハウス
ツアーを実現したいと思っている。

何処か僕の知らない街にも行ければ
嬉しいと考えている。

都市とその街のライブ会場、
いいところがあれば是非
ご紹介頂きたい。

2月は奈良の小さなライブハウスで、
デュポンエデュポンとして溝淵仁啓
のギターで歌います。

今年も是非そこかしこ、
歌う場所で皆様とお目にかかれるのを
楽しみにしています。





| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

東京でコンサートです

東京での大きなホールコンサートは
八年振りになる。

不思議なことに大きな東京でのホールコンサートは
今までずっと八年ごとになっている。
何故だかわからないが1981年に始めて
日本の全国ツアーで招聘してもらって以来
八年ごとに、青山円形劇場、品川六行会ホール、
品川アートスフィア、有楽町朝日ホール、
そして今回は銀座ブロッサムホール,前回の朝日ホールが
2006年だったので丁度8年になる。

それはともかく、8年で自分自身の何が
変わったのかわからない。
八年もの歳を重ねた他は。

一つだけ大きな変化は今回も一緒にステージを
創ってくれる3人のジャズマンに出会い、
それも故郷の京都で。
彼らと今までとは一風違った歌の世界
を作れるようになったことだろう。
そしてやはり彼らとライブハウスツアーという、
今まで知らなかった空間に出て行くように
なったことも今までとの大きな
違いかもしれない。
三人のジャズマンとはピアノの中島徹、
トロンボーンのTmmy、ベースの中島かつき
でいずれも関西のみならず日本全国で
演奏活動をしているスーパーミュージシャンである。

僕はずるくて自分に無いものを持っている人に
近づいてその人から新しいエキスを吸い取って
自分の細胞に注入し細胞を活性化させて
新しい色とともに生き延びさせる事を
得意としている。

そういう意味で今回のジャズマン三人からも
たくさん新しいエキスを頂いたが、
こう書くとみんな吸い取られてやせ細っているように
思われるが、誰一人外見上は吸われた形成の
見えるものはいないので、
まだまだ僕は一緒にいられそうに思える。

この八年ぶりの東京で何を歌うかと言うと、
僕が30余年のフランスでの歌手生活の間に
出会った色々な人(歌手)との思い出を辿りながら、
その人が歌った歌を歌ってみようと思った。

例えばシャルル・トレネと出会ったのは1981年、
当時トレネは引退して歌っていなかったのを、
ジャンルイ・バローが引っ張り出して、
自分の劇場、シャンゼリゼにあるロンポワン劇場で
歌わせた。
これはパリ中の話題になり席は一日で完売、
国営放送のテレビ中継が入り、当時一番人気のあった
ジョゼ・アルチュールのラジオ中継も来た。

トレネだけでは面白くないだろうと、
その当時ピカイチの歌手、女優、イラストレーター
を呼んでトレネの前に歌わせた。
ミッシェル・ルグラン、クロード・ヌガロ、
イブ・デユテイユ、コラ・ボケール、アンヌ・デユペリー、
それにジャンルイ・バロー、マドレーヌ・ルノー
そしてなんと僕、ワサブローがそこに入っていた。

これは今思うとなんと素晴らしい出来事だったのに、
当時は若くてそれ程大きな出来事とは思って
いなかったように記憶している。

今回はその日を思い出してトレネの
代表作ラメールを始めて歌ってみようと思った。

トレネは80歳だったと思うが、
結構よぼつているお爺さんの様に見えたのが
マイクの前に立った途端に素晴らしい歌手に
一変して、歯切れの良い、素晴らしいスイングの
歌の数々を歌ったのがとても印象的で
舞台の袖で見ていてひどく感動して、歌手は
こうあるべき、これなら何歳でも歌って良しと
認識を新たにした思い出がある。

それからジャック・ドウーエ、コラ・ボケール、
ジャン・バスカ、ジュリエット・グレコ、
フランシス・ルマルク、レオ・フエレ、
ジョルジュ・ムスタキ、アンナ・プリユックナル、
もっといろいろいますけど。。。

随分いろんな人といろんなことを
したものだとこうして名前をあげて
みると思い出す。
この人たちとの思い出を歌で綴ってみたい
と思った。

今週の土曜日、ご都合が宜しければ、
是非久しぶりのワサブローをホールで
見に来て欲しい。

一番世話をかけたジャック・ドゥエの歌が
糸紡ぎが無いのがさみしいけれど。

今回はスペシャルゲストにマリンバの宅間久善を
迎えて、マレットピット
の二人、宅間善之、宅間政彰も参加してくれて
面白いステージになりそう。

では18日に、ブロッサムホールで。

| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

二条城で歌いました。そして来週滋賀県の長浜と金沢に歌いに行きます

10月4日,5日、6日の三日間

京都にある重要文化財であり世界遺産にも登録されている

二条城の庫裡ー台所で歌った。

歌と絵のライブと題されたユニークな催しだった。

今きっと日本で一番面白い絵を描いている画家キーヤンこと

木村英輝の襖絵の前で僕は溝淵仁啓のギターとTommyの

とトロンボーンで歌った。

400年以上を経た太い梁の天井を持つこの台所には

不思議な気が漂っていた。

きっと音楽は奏でられなかったであろうこの薄暗い黒く光った

床板の上に立つとそれでもふうっと音の空気に包まれた。

この音楽の精にいざなわれるという感覚がたまにはある。

これが何に依るのか知らないが、これがある時は

気分がいい。

この日もきっと江戸時代の音楽の精に導かれ

三日間、歌う事が出来た。

僕はキーヤンの絵が大好きで、この絵に出会って京都も

捨てたもんじゃないと思った。

皆さんにも見て欲しい。

http://www.ki-yan.com/

ここには二条城でのライブの記録も載ってます。

下の写真の2枚目はお花の未生流家元、笹岡隆甫さん。

素晴らしいとしか言いようがないキーヤンの襖に描かれた

絵の力に押し出されて、呑み込まれるかと思ったけれど

何とか僕の世界の中にキーヤンの絵と一緒にいられたのが

嬉しいです。

僕も含めてあまり広報をしなかったのでこのライブを

ご存知なかった人には大変残念な3日間でした。

来週僕は溝淵さんとデユポンエデユポンとして滋賀県の

長浜と金沢に演奏旅行に出かけます。

長浜は今重屋敷 能楽館 18時会場,18時30分開演

http://noubukan.web.fc2.com/

金沢は石川四高記念文化交流館

http://www.pref.ishikawa.jp/shiko-kinbun/

14時30分開場、15時開演

どちらも凄く面白い場所です。

長浜は古い造り酒屋の家の中に二分の一の能楽堂が作られている。

金沢は明治時代の学校の教室で歌います。

それに二つの街は共に古く見るものも他にも

沢山あるので見物がてら是非お出かけ下さい。

お問い合わせ、ご予約

08061364233

wasawasajap@yahoo.co.jp

1

Photo_3 Photo

| | コメント (1)

2013年2月 3日 (日)

2013年ライブツアー

つい数日前に新年を迎えたと思っていたら、

もう2月になった。

新年になって先日銀座のマキシムで歌った。

満席のお客様が来て下さった。
銀座のマキシムの内装はパリのマキシムと
全く同じでパリにいる様な不思議な感じになる。
ギマールを思わせる19世紀末の、ベルエポックの
時代が入り口から、螺旋階段から、バーも、勿論
僕が歌った、レストランにも溢れている。
そういう意味では現代のパリに住んでいる僕には
あまりパリ的ではないかもしれない。
パリは新旧がうまく混在していて
面白いハーモニーが生まれている街。
銀座マキシムの中にいると内装もそのままで残っている
鹿鳴館時代の建物の中にぽつんと取り残されたような
感じがする。
それでも、その日のお料理はおいしくて
(と皆様の声、僕は残念ながら頂いていない)
最後にGalette des Roisガレットデロワ
(アーモンドクリーム入りのパイ生地の中に
一つフェーヴとよばれる小さい人形が入っていてそれが
入ったお皿を持った人は王様になる)をデザートに
懸賞なんかもあって、皆様楽しそうだった。
今年は年頭に一つ祈願した事がある。
それは今まで僕が歌った事がある日本の街
へ、そして行ったことのない日本の街へ
歌いに行く事。
身近な距離で聞いて頂けるライブハウスツアー
をしたい。
そんな思いで先日それぞれの街の幾つかのライブハウス
を見に行ってきた。
浜松、広島、福山、博多 それに京都と大阪そして
多分神戸、名古屋、ひょっとしたら鳥取、仙台、青森、
札幌に行けるかもしれない。
そして東京でも。
そのうちのいくつかはきっと初めてで最後に
なるだろう。
フランスにはいつ戻ろうか。
8月のフランスは、特に8月のパリは一番
静かで、車も少なく、空気も良い。
パリジャンはヴァカンスに出かけて、人通りは
少なく、でも名所旧跡は観光客で溢れている。
8月のパリはストレスが少なく
僕は好き。
今年は8月にパリに戻ろう。 
ツアーの詳細はこのサイト上でご確認頂きたい。
久し振り、本当に久し振りの皆様に会えるのが
嬉しく今から楽しみにしている
しばらくはまだ寒い日が続くだろう。
くれぐれもお気をつけて
お過ごしになって欲しい。
どうぞ今年も宜しくお願い致します。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧