« 東京でのコンサート終わりました | トップページ | 中原淳一展で歌います »

2014年2月10日 (月)

フランスのラジオ

僕は日本にいてパリが、フランスが恋しくなると

ネットでフランスのラジオを聞く。
フランスで日本のいろいろなFMラジオの番組は
聞けないけれど、日本でほとんどのフランスのラジオ局の
番組は聞くことが出来る。
フランス語が恋しくて、フランスで起こっていることが
知りたい時僕はfranceinterフランスアンテールという
ラジオ局につないでニュースを聞いている。
もちろんLe monde やLe Figaroなどの新聞もネットで
読めるのでそれでもいいのだが、やはり人がしゃべるのを
聞く方がずっと面白い。
特にフランス人は早口のおしゃべりなのでそれを
聞いているだけでも一日飽きない。
間に音楽が入りデイスカッションが続く。
http://www.franceculture.fr/player
クラシック音楽だけを聴きたいときはラジオフランスの
フランスミュ−ジックにつなげばいい。
http://www.frequence-radio.com/ecouter-france-musique-en-direct.html
僕はこのごろ、mp-radioというパリのラジオ局が好きで
家にいるときは一日つけっぱなしにしていることが多い。
ここはずーっと一日音楽ばかりを流している。
ジャズ、ボサノヴァ、アフリカ音楽、キューバ、ラテンの音楽
今時のシャンソンも時には聞こえてくる。
フランス語よりも英語、ポルトガル語、スペイン語などが
聞こえてくる。
インストも多くて全体に選曲が僕には良い。
いまもSesario Evoraの声がちょっとけだるく聞こえている。
http://mp-radio.fr/ecouter-montmartre-pigalle-la-radio-mpradio/
一度日本でフランスのどこかの番組を聞きながら
本を読んでいて急に僕の声が聞こえて驚いたことがある。
今僕はエリック・アザンEric Hazanが書いた、
L'invention de Paris- Il n'y a pas de pas perdus,
パリ大全 パリを創った人々、パリが創った人々 を読んでいる。
パリの街がどのようにして創られ、いつ、誰が指揮を取り
どのようにしてパリの通り、パリの大通りが出来、
また消えて行ったか、パリの右岸と左岸にある街区
の歴史やそこに住み、集い、戦った人々が生き生きと
蘇ってくる。
この400ページの大変面白い本を
杉村昌昭さんの素晴らしい翻訳で読むことが出来る。
素晴らしい翻訳とは元本の言語を感じなく
ただすらすらと文章にいざなわれながら読める翻訳書
で、この本も杉村さんの美しい日本語に
導かれてパリを散歩させてもらえる。
キーやんこと画家の木村英輝さんのスタジオで
杉村さんとは出会い、そのとき幸せなことにこの素晴らしい本を
杉村さんご自身から戴いた。
この本の帯に<行ってから読むか、読んでから行くか>
と見出しが出ているが、これはまず読んで、
そしてこの本を持参してパリに行ってほしい。
本に出てくる、その地区、街町で足を止めて
その歴史を知り、そこに住んだ人を思い、その建物が
生きてきた時代を感じてほしい。
そして帰ってこられたらもう一度読んでみると
いっそうパリがリアルに自分の体にしみ込んで行くだろう。
以文社 : エリック・アザン パリ大全 杉村昌昭 訳
同時に読んでいる本はフランス語でUn chasseur de lion ,Olivier Rolin
ライオンの狩人 オリヴィエ・ロラン
マネの描いた ライオンの狩人という題された一枚の絵から
話は遠くメキシコのリオデジャネイロに飛びまた19世紀の
パリへと戻ってくる。
昨年東京で偶然に大好きなCaillebotte カーユボットの絵が見られた。
近代化の最中、19世紀末のパリを、そこで暮らす人々を
カーユボットは描いた。
大好きな19世紀末のパリが東京に来ていた。
好きな床板削りの絵は来なかったけれど
良い展覧会だった。
今年僕は八戸から博多までのライブツアーを企画している。
昨年は西の方静岡、京都、大阪、福山、広島、博多に行った。
今年は東に足を伸ばしたい。
名古屋、浜松、東京、仙台、岩手、青森そして
今年も京都、大阪、広島、博多に加えて鳥取と下関が
加わればすてきな日本縦断を出来ると
楽しみにしている。
どうぞ叶いますように !
2月は奈良の富雄で23日にデユポンエデユポン、
ワサブロー+ギター溝淵人啓で演奏に行く。
皆様に今年もどこかでお会いできますように !

|

« 東京でのコンサート終わりました | トップページ | 中原淳一展で歌います »

コメント

大好きで尊敬するワサブロウさまheart02フランス語も、日本語も、綺麗sign03 さすらい人のようなsign02でも足は地についている、貴男様がサラサーテのティゴイネルワイゼンを、ハンガリー語か、フランス語で歌って頂ければ、最高に嬉しいですsign03notesnotesnotescherryblossom

投稿: 桜子 | 2014年2月12日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京でのコンサート終わりました | トップページ | 中原淳一展で歌います »