« 2013年ライブツアー | トップページ | 秋のデイナーシヨー »

2013年4月10日 (水)

ツアーに出ます!

京都にも春が来た。

人の魂を吸うて美しく花開くと言われる
櫻の花が京都のあちこちで咲き始めた。
花の命は短くて。。。と言う林芙美子の言葉は
勿論、櫻の事でしょう。
東京ではもう散ってしまったようです。
僕は初めてライブハウスツアーに出かける
事になった。
以前書いた事があるがフランスにはいわゆる
日本と同じ様なライブハウスはない、きっと
無いと思う。
僕の言う日本と同じ様なライブハウスとは
ステージを見ながら飲んだり食べたりする
場所である。
こういう場所はライブハウスでなくてキャバレー
と呼ばれて、19世紀末から戦後すぐぐらいまでは
沢山パリにもあったようだが今ではすっかり
廃れてしまった。
フレンチカンカンで有名なモンマルトルにある
ムーランルージュやリドなどがそのような
形を少し保っているが、こちらはまたレヴユー
というショー形式の別のものと言った方が良い。
ちょっと話が他にずれたがそのフランスには無い、
ライブハウスのツアーを今年は考えて、
そして初めて旅に出る事になった。
日本の何処の街にもライブハウスの一つや二つは
あるものでいくつかの街のライブハウスを
下見に行き決めて帰った。
まず5月18日は大阪肥後橋にあるVOXX,
19日は京都祇園石段下,祇園会館にあるMOJOWEST
そして6月1日、静岡磐田市にある風の家、
2日は浜松市にある夢汎ホール(ゆめひろと読む)、
6月15日は広島市内のLIVEJUKE,ライヴジューク、
16日は博多中州にあるGate's7、ゲッツセヴン
そして19日は福山のキャッスルホテルで昼歌って、
夜はMoco&Cafeジャズクラブで夜も歌う。
ここまではピアノ:中島徹、トロンボーン:Tommy,
ベース:中島かつき、の関西を代表する3名のジャズマン
と一緒のステージになる、そして6月20日は
ギターの溝淵仁啓とのユニット、デュポンエデユポン
で倉敷での公演となる。
このあと7月6日は恒例のフレンチ銀座ヌガの巴里祭、
こちらはやはりおなじみの鈴木厚志のピアノで歌う。
鈴木さんは今まさにブラジル旅行の最中で
5月末まで日本に帰って来ない。
僕にとっては全く初めてのライブハウス遠征公演である。
なんとしても沢山の方に聞きにきて頂きたい。
広島や浜松は20年振りくらいになるだろうか、
博多も6年振りくらいになる。
きっと以前に聞いて頂いたワサブローとは違う
ワサブローが目の前にいるだろう。
もちろん年齢も重ねてはいるが、
スタイルも(身体的なものは良くも悪くも変らない)
違っているだろう。
何よりも今回のジャズマンとの音の世界が
僕を違う色に染めてくれている。
僕自身それが面白く嬉しい。
ツアー中何処かでお目に掛かれるのを楽しみに
して待っています。

Image

619e383afe382b5e38396e383ade383bce8

|

« 2013年ライブツアー | トップページ | 秋のデイナーシヨー »

コメント

はじめまして!シャンソンを愛好する各々の師に習っている友達がこの度新装openのパリ野郎で先生と連日連夜お披露目のliveをしていると聞きました。是非WASABUROさんも京都の老舗のパリ野郎でliveを実現なさってくださいsign01CDを聞かせて頂いていますsign01生の声で今度は是非聞きたいです。HPを拝見しお上手で素敵な墨絵を拝見しましたsign01私は平成4年来脳溢血での右半身不随障害者ですが!15余年造形大でエクステンションコースで不得手ながらも水墨画を学んでいますsign01

投稿: 島津操 | 2013年5月25日 (土) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年ライブツアー | トップページ | 秋のデイナーシヨー »