« Mojo West ライブのリハーサル始めました | トップページ | 夏の朝 »

2011年7月31日 (日)

京都ライブハウス初体験

京都北山のライブハウス、MOJOWESTでの
初ライブハウスを無事終えられた。

大勢の方が来て下さりありがとうございました。
東京からも、愛知県からも,北海道からも
とても嬉しく思っています。

僕にとっては全くの初体験で、楽しい時間でした。
ミュージシャンもMOJOで聞いた演奏が気に入って
お願いした、中島徹さんとTommyさんのお二人
のいつもとは全く違う音の世界の中で
いつもの自分の歌を別の色付けをして創ることが出来た
嬉しい時間だった。

僕は非常に不器用な歌い手で、何が来てもどうぞ、よろしおっせ!
というタイプではないうえに結構自分と関わる音が
気になる、のに新しい事がやりたい。

こんな自分に今回も課せた挑戦は歓びをくれた。

僕の嗅覚だけが頼りで選んだ場所も今までになく
僕の身体がすっぽりと包まれて
地に足がしっかりとついていた。
MOJOWESTは非常に気持ちのいい歌の空間だった。

中島徹さんとTommyさんの音とリズムにいざなわれて、
僕は初めて出会った様な<街>や<ゴエモン>や<恋の病>
を歌った。

田中志保さんがこの空間にまたひと味違った色を
付けてくれたし二人で歌った歌もコントも
楽しく客席がステージと繋がっているのを
感じた。

またMOJOWESTで歌ってみたい。

アーズローカスとMojowestを両方
聞いていただいた方々の感想を知りたいと
思っている。
僕はパリのステージで育って来た歌い手なので
Mojowestの方がやはりステージとして楽しい
が、アーズローカスにはまた違う魅力もある。

昼と夜の違いかなあ。。。

いつも12月は東京のホテルでディナーショーが
多かったが今年はMojoでクリスマスコンサートも
いいかもと思い始めている。
如何でしょうか?

|

« Mojo West ライブのリハーサル始めました | トップページ | 夏の朝 »

日記」カテゴリの記事

コメント

MOJOWEST最高でした。
これからもぜひぜひ続けて頂いて、新しい世界を見せてください。
今まで私がイメージしていたシャンソンとは、全く違う切り口で、聴いてて興奮してきました。
歌い手さんは、一つの歌を自分の歌として磨き作り上げる、きっとそれは自分の宝として大切に維持されているものなのだろうと感じます。
でも、またそれを壊して、一から作り帰るような冒険をする人は少ないのでは・・・
これがプロの技というものか!と感じいりました。

それに着物姿がお似合いですね~。
日本にしかない色気・・
これもワサブローサンの魅力のひとつかもしれない・・などと勝手に思っています
これからも、ワクワクビックリを届けてけてください。

私の宿題は、先生より早く提出いたしております。
チェックしておいてください。

投稿: kaguya | 2011年7月31日 (日) 11時48分

Kaguyaさま、

Mojoライブ楽しんで頂けたようで
よかった!
初めての京都ですライブハウス出演で
わくわくしながらドキドキもしていました。
アーズローカスでしかこの頃は
京都で聞いて頂ける機会をつくらなかったので
僕自身大きな小屋でも小さなライブハウスでも
やはりコンサートが楽しいです。

又機会を作って京都でライブをするように
しますので、どうぞ宜しいに。

当日の感想文は嬉しく読ませて頂きました。
ありがとうございます。
Kaguyaさんのサイトにコメントしようと
思いましたが場所がよくわからなくて
自分のここに書いてしまいました。

投稿: ワサブロー | 2011年7月31日 (日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mojo West ライブのリハーサル始めました | トップページ | 夏の朝 »