« 5月のコンサートツアー | トップページ | 悲しいです »

2011年3月 7日 (月)

4月9日アーズローカス歌の会、時間が変更になりました!

先日予告した<こんなフレンチシャンソンと
日本の歌知ったはりますか?>、京都アーズローカス
歌の会の時間の変更があったので
急いでお知らせです。
2時と5時の2回と書いていましたが。
2時と5時半になりました。
2回目が30分遅くなります。
毎回変えんといて!!と怒られそうですが、
2回目の時間はその時々の季節の
日の入りに寄って決めようと思うので
4月は少し日が長くなっていると言うことで
30分遅くして5時半になりました。
それに5時では間に合わん!と仰る方も
何人もおられますので。
お書留下さるようお願いします。

さて次回のこのアーズの歌の会は
前回の<歌比べ>というプログラムを
もう一度と多くの方にリクエストを頂いたので、
第2回シャンソンと同年代の日本の歌を歌う
と銘打ってプログラムを組もうと思っている。

すでに曲目のリクエストも頂いている。
今回は60年代から80年代を中心にと
思っているが、やはり世紀末から初めて
80年代に辿り着きたいと考えている。

フランスものは、すみれの花咲く頃や
待ちましょう、バラ色の人生などご存知の
歌が多くあり、日本語の歌も
影を慕いて、家の女房にゃ髭がある、港が見える丘
など戦前の歌からイムジン河や恋人よのように
僕も聞いたことがあるが一度も歌ったことはないどころか
口ずさんだこともないような歌にも
挑戦してみようと思っている。

いつもはなるだけご存知のない歌を
聞いて頂ける時間になるようにしているので
日本の歌も,出来るだけご存知のないものを
選ぼうかとも考えたが、
ご存知の歌の方がより良くその時代を思い出して、
フランスの歌との対比もして頂き安いだろうと
フランスの歌も日本の歌もご存知の方の多い
ものを選んでみた。

大正時代から昭和の終わりまでの間
を駆け巡るので歌の数も通常の倍になってしまう。
もちろん覚えるのも倍の数である。

今回も出来るかいなあ。。。と心配しながら
準備をしている。

関西地区以外にお住まいの皆様には
この頃あまりお会いする機会がない。

その為に東京などから京都までお越し下さる
方もおられて、とても嬉しく,幸せだが
同時に大変申し訳なく思っている。

他の都市でもこのような歌の会が出来れば
いいのだが、何事もすべてはなかなか叶わない。
でも今年はよその都市へも行けるように
願いながら吉報を待つことにしよう。

|

« 5月のコンサートツアー | トップページ | 悲しいです »

日記」カテゴリの記事

コメント

4月のアーズローカス、またまた楽しみにしております。
5時に会場にたどり着けない私には5時半万歳です!
先日、京都のシャンソンのライブハウスで隣に座った方に「私が一番好きなのはワサブローさんで」と話したら、なんとその人も昔からの大フアンと言うことでした。
今は京都を離れてしまい、なかなか聞きに行けないとおっしゃってました。
以前、ジャン・フェレの曲を色々歌ってくださったのを聞いたことがあるとのお話を聞き、もし今回 que sera je sans toi を入れていただけたらありがたいのですが・・
でもでも、もう曲が決まっていたら、また何時の日かで結構です。
私は、このアラゴンの歌詞も大好きなのです。
ワサブローサンの歌をぜひ聴いてみたいと願っています。
次回でも構いませんので、心にとめておいてくださいませ。

投稿: kaguya | 2011年3月11日 (金) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月のコンサートツアー | トップページ | 悲しいです »