« 新しいアルバム | トップページ | リハーサルを始めました。 »

2009年7月 6日 (月)

新しいアルバムの歌1異邦人

今年秋に発売予定の僕のCDに入っている曲目について、

これから毎回一曲ずつ書いていきます。

まず1曲目はこのCDのタイトルになる(はず)の

異邦人、歌はさだまさしが1970年代に書いたもので

僕はまったく知らなかった。

日本の歌をフランス語で歌うために選んだ3曲は

偶然さだまさしのうたで異邦人はそのひとつ。

さださんのこの歌を知っている人は何となくパリ的で

シャンソン的だとおっしゃるが、シャンソン的かどうか

別として僕にはパリの雰囲気は特別ない。

パリで洗濯物を外に出したらおこられるし

自転車は雨ざらしになる前に盗まれてなくなっている。

ここにさださんの歌詞と僕の歌詞の日本語訳を並べて

比較してもらえると面白いかなと思ったが著作権侵害とか

面倒なことになるとかでさださんの歌詞は載せられないので

さださんの歌詞はyoutubeでさださんの歌う異邦人を聴けるので

それを聴きながら僕の歌詞と比較して

いただければ面白いかもしれない。

異邦人 フランソワ・ロゼ 詩

僕は旅立ち、戻り、また旅発った
出発、到着を夢見た
僕は永遠の旅人、二十歳の時に作った
道を歩き続ける歌う旅人
僕の人生に二つの心が同居している
ここではよそから来た人
向こうでもよそから来た人

長年のパリ生活で
京都にいてもセーヌを想う
でもサンミッシェルの泉には
鴨川が写っている
アコーディオン〜三味線
半分芭蕉、半分ヴェルレーヌ
ここではよそから来た人
ここでも同じ

放浪人の心のせいか
美を求めるとき以外は
いつもよそ者つまり
異邦人(異国人)
こうありたいと僕が望んだ
何処にいようとも

モンマルトルに自分の城を建て
地図の上に僕の運命が作られたけど
空から見下ろすと
そこにもう京都はない
体全体が破れ目のよう
シャンペンか抹茶か
モンパルナスか富士山か
僕はここではよそから来た人
向こうでもよそから来た人

秋が来てキャフェで
プレヴェールを読むとき
空とこの世の間の
キラキラ光る
僕の往来の旅を
そこに見いだすだろか
言わずにはおられない
僕はここではよそから来た人
ここでも同じ

CDのブックレットの写真はパリ上空からpont des arts芸術橋 を眺めたもの。後ろの方にエッフェル塔が見える。 この橋はパリのセーヌ川に掛かっている橋の中で唯一、橋の部分が 木で出来ている。昔の日本の橋の様に板が敷き詰めてあり その隙間から下をのぞくと水の流れが見える。 ここは右岸のルーブル宮と左岸のアカデミーフランセーズを つないでいて歩道になっているので1日中人が通り、そこに憩い、 集い、歌い、踊り、ベンチに座ったり、直に板間にすわり 食事をする人もいる。橋広場の様だ。 10年程前に京都にパリの橋が架かる事になり大きな物議になり 大勢の人が(その大半が京都以外の京都を愛する方達だった) 反対の署名をしてその計画は流れた。その時の橋がこの橋。 シンプルで木の部分があり美しいこの芸術橋は京都の鴨川に 掛かっても全く違和感がないが、工事費一切を京都市が負担して までもよそに架かっている橋をかけないで千年の都と自負がある ならそれにふさわしい橋を自分たちで創れ!という考えから 僕も反対の署名をした事を覚えている

|

« 新しいアルバム | トップページ | リハーサルを始めました。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/french/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/french/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
UFIkiZka

投稿: sirube | 2009年7月 6日 (月) 16時51分

NHKラジオ深夜便での、「ないとエッセイ」4夜連続聞かせていただきました。お話と毎日違うシャンソン、なんかとても得した気分でした。ずいぶん前にワサブローさんを知って以来、コンサートに行き新聞雑誌などを読んだりしていたけれど深夜便ではまた新しいお話を聞けました。

投稿: はちまる | 2009年7月17日 (金) 18時39分

深夜便お聞き下さって嬉しいです。
僕はちょうどその時間、仕事や新幹線の中で
1日しか聞く事が出来ませんでした。
聞いて下さった方々がわざわざNHKまでお電話下さったり
、ありがとうございます。
20日に今度はNHK FMでシャンソン特集の番組があって
僕は夜の10頃に45分間程歌ったり、話したりで出演します。
もしお時間があればお聞き下さい。
暑い毎日ですけれど、どうぞお元気で。
はちまるさんが関東地方にお住まいでしたら
29日のライブ是非見に来て下さいませ。
その日にCDデビューするマリンバとビブラフォンのマレット・ピットの若い兄弟の素晴らしい演奏も楽しんで頂けます。

投稿: ワサブロー | 2009年7月17日 (金) 19時11分

7/13~の「ラジオ深夜便~ナイトエッセイ」 拝聴いたしました。
京都弁の『やさしい響き』のかたりくち、はんなり聞かせていただきました♪ そう言いつつ 申し訳ないことなのですが、『ながらラジオ』の習慣で、流れてきました 「異邦人」 も、作詩作曲の紹介の有無もわからず、けれども 『さだまさしさんの曲にメロディが似てる(酷似)!』 と 思い NHKに問い合わせのメールをいたしました。
18日に返信が届き、「訳詩ではなく作詩した曲」 だと教えていただき 「フランソワ・ロゼ」さんを検索してこちらへたどり着きました。
望外にも「マレピ(マレットピット)」の名前まで見ることが出来ました♪
彼らの出演するライブには、名古屋で行われたものですが、
2回ほど出かけたことがあります。
横浜在住の彼ら、関東地区に住んでいないことが悔しいです。

取り留めのない文章で恥ずかしいです、申し訳ありません。
新しいアルバムについてのブログ、楽しみにしています♪


投稿: kosuta lika | 2009年7月18日 (土) 01時16分

kosuta lika さま、異邦人は僕のブログの文章の通り、さだまさしさんの曲でフランス語詩はブログに書いた通りのものです。
僕はフランス語になると随分感じが変わるなと思っていたのですが、
やはりさださんの曲を聞き込んでられる方には一発でわかるんですね。
2日目に流れた、コスモスも聞いて頂いただろうと思いますが
もう一曲掌もこのアルバムでフランス語で歌ってます。これを録音して以来さださんには会っていないので今度会ったらこの3曲がフランス語でどんな印象なのか聞いてみるのが楽しみです。こんどの29日の恵比寿でのライブではコスモスと異邦人をマレピさんたちの伴奏で歌う予定です。

投稿: ワサブロー | 2009年7月18日 (土) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1220106/30429037

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいアルバムの歌1異邦人:

« 新しいアルバム | トップページ | リハーサルを始めました。 »