« ほたる狩り | トップページ | 新しいアルバム »

2009年6月29日 (月)

京都北野上七軒ビヤガーデン前夜祭

今日僕は生まれ故郷の京都、北野上七軒のビヤガーデンの
前夜祭で歌って来た。
上七軒とは京都にある5つの花街の一つで
一番歴史が古く格式があり技芸も優れている。
室町時代に足利義植が北野天満宮再建の残木で東門前に
7軒の茶屋を建てた事にその名は由来している。
その後桃山時代、豊臣秀吉が千利休を招いて
大茶会を催したおりに秀吉の休憩所となり御手洗団子を
その茶屋が献上し、それを秀吉はたいそう好んで
団子の商いの特権と山城国での法会茶屋株を公許される、
これが日本の茶屋の始まりで
上七軒歌舞会が五つ団子の紋章を使っている由来である。
なお現在祇園町の提灯に使われている五つ団子の柄は
上七軒が譲ったものでもともとは上七軒の紋章である事を
書いておきたい。勿論今も上七軒はこの紋章を使っている。

ちょっと長くなったがこの上七軒で僕は生まれ育った。
今で言う明治時代の大きな町家が実家だった。
今では実家も両親も何も無くなってしまったが
まだおばがお茶屋を営んでいて幼なじみの貴美ちゃんも
お茶屋の女将で頑張っている。

その上七軒の歌舞練所の庭で毎夏ビヤガーデンが
開かれる。
芸妓はんや舞妓はんがサービスにあたって
実に京都的というかはんなりとしたええビヤガーデンである。

その前夜祭が今日開かれ、100名程のお客さんが来られた。
歌舞練所が老朽化で改築が必要になりその資金集め
も兼ねての前夜祭でお客はビヤガーデンでの食事の後
何処のお茶屋に訪れても良いというおまけ付き。

僕は挨拶のあとのにぎわいとして歌った。
おばに<あんたも、上七軒で育った人間やさかい、
ちょっとてったいに(手伝いに)おいない(来なさい)>
と言われてピアノの藤林さんと一緒に行って
数曲歌った。

Cattk79y

賑やかなビヤガーデンで、非常に僕としては難しい
ステージだったが故郷で歌えた事は嬉しかった。

僕の小さい頃を知っている芸妓はんたちに
<いや〜 わさぼん、大きならはったなあ(!?)>
と言われて懐かしいやら、恥ずかしいやら
これもフランスがくれた贈り物の一つだと
幼い日を思い出した。 

Canmh4eo

<僕、この人のファンどす。
上七軒の売れっ子の芸妓はん、
尚鈴さん。ええ踊り踊らはります>

 

|

« ほたる狩り | トップページ | 新しいアルバム »

日記」カテゴリの記事

コメント

ワサブローさんのお噂は、とある老紳士よりお聞きしておりました。その老紳士に銀座のル.ヌガにご招待いただいたのが数ヶ月前、そして私も京都出身なので帰省した際に北平にもうかがわせていただきました。その日は残念ながらオーブンの故障でピザが食べれなかったのですが。。そして、いよいよ11日はル.ヌガにて私にとって初のライブとなるわけですが、当日お会いできるのを本当に楽しみにしております。

投稿: 咲花 | 2009年7月 4日 (土) 18時00分

歌舞練場でシャンソン!

ワサブローさんの歌声が、梅雨空を吹き飛ばすかのように、北野の杜をわたりましたね。

芸妓さんや舞妓さんたちも、本場のシャンソンに酔いしれたことでしょう。

ワサブローさんのさらなるご活躍を祈念いたします。

投稿: 北野をどりFUN | 2009年7月22日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1220106/30342368

この記事へのトラックバック一覧です: 京都北野上七軒ビヤガーデン前夜祭:

« ほたる狩り | トップページ | 新しいアルバム »