« おおつごもりから元旦に | トップページ | 京都とパリの狭間で »

2008年1月20日 (日)

東京のビストロ ヌガ Le Nougat

東京渋谷にとてもシックでおいしい<シノワ>という
フランス料理店がある。
シノワ〜chinois はフランス語で中国のとか、
中国人とかという形容詞で僕がフランスで耳にした最初の
フランス語の一つなので親しみがある。
なぜこれがフランスで最初に耳にした言葉なのかというと
その当時はパリの街でよく人に指を指されて
<シノワ!中国人>と言われた。
きっと戦後間もなく日本の街を歩いている西洋人は
日本人にとってすべてアメリカ人に見えたのと同じで
多くのフランス人にとって僕は東洋人、そして東洋の
どの国も違いは見えなくてすべて中国が代表、
代名詞になっていた。
いまでこそテレビやインターネットのお陰で世界は狭く
なったが僕がフランスに住み始めた1973年にはパリの街に
公衆電話は無くテレビも2チャンネンルだけ、
それも朝と夜の数時間しか番組が無かった。
日本のあらゆる街には赤色の公衆電話があふれて
テレビも朝から夜まで通しで複数のチャンルで番組が
見られた時代である。
今とは違って当時まだ海外旅行に行く日本人の数は
少なく当然フランスにも今程の日本人は見られず、
日本がエコノミックアニマルとして世界に名を成し始めた
頃である。19世紀末から20世紀初めにかけての
パリ万博で浮世絵と共に日本文化がフランスの知識人、
芸術家の間でもてはやされ注目された時代も終わって
特に一般のフランス人には東洋=中国という意識しか
なくなっていた。驚くべきはフランスとモナコのように
日本も中国大陸の一部であると信じているフランス人に
何人も出会った。
話が横道にそれてしまったがこの僕にとって懐かしい
思い出が一杯の<シノワ>という言葉のレストランは
渋谷のビルの中にある。
室内のしつらえがこの名の通り西洋を基調としたなかに
東洋趣味(シノワズリ〜chinoiserie)をうまく生かした
シックで品のいいお店でそこでいただける数々の
フランス料理にもまた東洋(主に日本なのだが)がうまく
感じられて僕の大好きなお店の一つになっている。
この<シノワ>のオーナーの後藤さんは知る人ぞ知る有名な
ソムリエで食に造詣が深くその上にクラシック音楽がお好きな
シックで品のある若い男性である。
シノワは渋谷と銀座に2店舗あってそれぞれが
大変繁盛している。

Shop そこに今月3軒目の店が開店した。
この店の名前はシノワではなく<ヌガ、le nougat>という。
皆さんご存知のフランス菓子<ヌガ>である、
が、名前の由来はフランス菓子ではなくて
僕の歌のレパートリーの中の<ヌガ>である。
僕が随分以前から懇意にして頂いているご夫妻に連れていただく
お店がシノワでそのご縁で昨年シノワで歌う機会を得た。
そして3件目の店に僕の歌の題名が付き、店の看板には
僕のCDのブックレットにのせてあるあの不思議な象を
選んで下さった。ちょっと余談だがこの象のイラストは
僕の息子がパリの自宅で描いた絵でよくみて頂くと
歌の内容通り象がシャワーを浴びている場面が絵になっている。
1月13日の<ヌガ>の開店パーティには招んで頂いただき
歌った。
ヌガは銀座松坂屋の3本裏の通りにあるフランス風ビストロで
シノワ同様においしいワインが豊富に揃っている。
料理はシノワと比べていわゆる家庭料理、普通フランスで
みんなが気軽に食べる料理が揃っている、
それも前菜、メイン、デザートを
含めて60種類もの品が揃っている。
店内はシノワとは趣が異なりビストロの名にふさわしく気軽に
入れる雰囲気があって僕が今までに行った事のある
日本のどこのフランス風ビストロよりもよりパリ的で
パリに帰ったような気分になる。
といっても日本にありがちな<あんた、
ここはフランス料理の店どっせ、わかったはりまっしゃろな、
フランスどっせ、日本とは違いまっせ!>というような
押し付けがましい勘違いは店の何処にも無く、
もひとつ言えばやはりシノワと同じく、素晴らしい
日仏カップルで生まれた家庭の様に二つの文化が気持ち良く、
仲良くそこにある。
料理はフランス、もてなしは日本というように。
それで肝心のお料理は、あのおいしいシノワの3番店なので
特に驚く事は無いのだが、それでもおいしい!!
ほんまにおいしい!
僕が先日ご馳走になった時のメニューを書いてみると、
ブランダード
(タラの身をほぐしてジャガイモとニンニクで作る南仏の料理,
僕の好物の一つ、これが東京で食べられるとは嬉しい)
本日のスープ
マッシュルームとクレソンのサラダ
たことクスクスのサラダ
(僕はクスクスが大好きで毎日でも飽きない!)
フランス産鳩のロースト
骨付き仔羊のロースト
チーズの盛り合わせ
デザートは
ガトー・ショコラ+エクスプレッソ
食事中お酒の飲めない僕はフランスの
ガス入りミネラルウオーター、バドワを飲んだ。
Badoit バドワが飲めるんです!ヌガでは!
何とようけ食べて!と思われるだろうが
二人で分けました。念のために。
それでもお腹いっぱいにいただきました。
1人前がちゃんとした量で出てくる。
一つ一つのお皿に満足いく様に量はしっかりしていて
これも嬉しいことの一つ。
すてきなマダムと気持ちのいい若いギャルソンが揃って
ヌガの料理をより楽しく,よりいっそうおいしくいただける
空間が出来ている。
東京にいつもいない事がとても残念!
いれば毎週通うのに!
皆さん、どうぞ
僕の分もおいしく、楽しんで来て下さい!

Le Nougat ル・ヌガ
104-0061 東京都中央区銀座6-12-2 東京銀座ビル1F
Tel: 03-6254-5105
営業時間 平日/12:00~14:00 , 17:30~22:45(L.D)
土曜/12:00~22:45(L.D) 、日.祝/12:00~22:00(L.D)
土、日、祝は通し営業です。

|

« おおつごもりから元旦に | トップページ | 京都とパリの狭間で »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1220106/29685643

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のビストロ ヌガ Le Nougat:

« おおつごもりから元旦に | トップページ | 京都とパリの狭間で »